不動産鑑定士HG

下落相場

REIT

下落相場と配当金とREIT

REITといえばインカムゲイン、すなわち配当金(分配金)です。 現在真っ只中の下げ相場における投資法を説明します。 ※投資は自己責任でお願いします。 REITは株式に比べて安全ではない REITは株式 ...

LTV

REIT

LTV(有利子負債比率)と投資判断

LTV(えるてぃーぶい、Loan To Value)は有利子負債を総資産で除して算出します。 有利子負債を簡単にいうと、銀行等での借金です。 マイナス金利時代なので、相当に低い金利で借りています。 L ...

REIT

NAV倍率と投資判断

NAV倍率(なぶばいりつ)とは、リートが保有している「物件の総額」と「投資口価格の総額」との比較です。 つまり、1倍を割っていれば、割安ですし、1倍以上だと割高です。 なお、NAV(Net Asset ...

スライド法

継続賃料

スライド法の実務

スライド法とは継続賃料の査定における1手法であり、経済指標や基礎価格、賃料相場等の変動により求めた率により、現行賃料を変動させる手法です。 スライド法の査定方向 鑑定評価基準では、以下のとおりの意義と ...

利回り法

継続賃料

利回り法の実務

利回り法とは継続賃料の査定における1手法であり、その名のとおり、利回りに着目した手法です。 利回り法の査定方法 不動産鑑定評価基準では、以下のとおりの意義となっています。 不動産鑑定評価基準 利回り法 ...

継続賃料

継続賃料

継続賃料の査定方法と流れ

継続賃料の査定方法について解説します。 継続賃料は調停や裁判等において利用されることが多く、既に問題が発生している事案であるため、鑑定評価書の作成にあたっては細心の注意を払う必要があります。 また、不 ...

企業向けサービス価格指数

継続賃料

企業向けサービス価格指数 店舗賃貸について

日本銀行が公開している「企業向けサービス価格指数」のうち「店舗賃貸」を解説します。 店舗家賃の継続賃料の査定にあたって、スライド法で使える数少ない指数の一つです。 店舗賃貸の指数 算出方法 店舗賃貸の ...

CBREリテールマーケット

継続賃料

CBRE リテールマーケットビュー 店舗賃料

店舗の継続賃料の査定等において使える指標の一つである、CBREが公開しているリテールマーケットビューについて解説します。 CBRE リテールマーケットビューについて この指標は2017年から公開されて ...

特定道路

容積率

特定道路の容積率緩和(前面道路の幅員緩和)の適用

対象不動産が基準容積率をオーバーしているときに、特定道路の容積率緩和規定が適用されれば基準容積率が増え、容積率超過が無くなる場合があります。 今回は特定道路の容積率緩和規定についてご説明します。 特定 ...

準防火地域

建ぺい率

準防火地域でも建ぺい率が緩和される

不動産を取得する際に、建ぺい率を超過していた場合、遵法性の観点から融資を受けれない可能性があります。 建築基準法が令和元年6月に改正されたことにより、準防火地域においても建ぺい率が緩和されることになり ...

Copyright© 不動産鑑定士のブログ , 2020 All Rights Reserved.